2021/07/06

健康寿命ってなに? 賢い人が始めている未病ケアについて

生活習慣
この記事は約5分で読めます

監修医 知久 正明(ちく・まさあき)

メディカルチェックスタジオ東京銀座クリニック院長・医学博士
病気になる前に治すという『未病』を理念に掲げていきます。循環器内科分野では心臓病だけでなく血管病まで診られる最新の医療機器を備えたバスキュラーラボで、『病気より患者さんを診る』を基本として診療しています。

健康寿命を伸ばすには、未病段階からのケアが重要。未病とは「病気ではないけれど病気に向かい始めている段階」のことで、多くの方が無自覚にこの段階にあります。30代・40代になるにつれて体の変化や問題が増え、50代・60代でいよいよ病気で処置が必要な状態に。健康寿命を長くするには、未病に対するケアが非常に重要です。この記事の中では、健康寿命や未病ケアについてご紹介いたします。
目次

健康寿命とは?

「健康寿命」とは、国連世界保健機関(WHO)が提唱している新しい寿命の指標です。

昔からよく使われている「平均寿命」から、健康に問題がある期間を引いた期間のことで、実質この期間が本当の意味で活動できる時間である、と新しく寿命を捉え直したとも言えるでしょう。

ちなみに「健康に問題がある期間」とは、「寝たきり」や「認知症」などの介護が必要になる期間のことです。

現代の健康寿命はどのくらい?

2019年の健康寿命は、男性が72.7年で女性が75.4年になると試算されています(※1)。
2019年の平均寿命は、男性が81.4年で女性が87.4年とされています。
平均寿命から健康寿命を引くと、その差は男性で8.7年、女性で12.0年に。

医学の発展で平均寿命が伸びている一方で、要介護状態などの自立した生活が送れない期間にはあまり変動がありません。
今後はますます平均寿命も延びることが予測されるため、この健康に自分で生活できる時間を延ばすことが重要。

国や政府も健康寿命を延ばすことを、重要な課題のひとつとしています。

健康寿命と未病ケア

近年「健康寿命」とともに、聞かれるようになった言葉に「未病ケア」があります。
「未病」という言葉はまだ馴染みがないかもしれませんが、「予防」という言葉と比較すると、その意味が理解できます。

予防は特定の疾患を対象として、その疾患を避けるようにするものです。
これに対して未病ケアは、部分的な疾患ではなく、体全体の状態を最適化するものとして、理解するといいでしょう。

健康な状態から病気の状態になるまでには、日々の違和感の見逃しがあります。
未病とはつまり「慢性的なだるさ」だったり、「やる気が出ない」「理由はわからないが体調は良くない」といった、どこかが致命的に悪いという診断はでていないけれど何かが変だなという状態のこと。

この状態でケアをして(大抵は生活習慣の改善で体調が変わります)大きな病気につながらないように日々心がけるのが、未病ケアです。
そして未病ケアをしていれば、自ずと健康寿命は延ばすことができます。

健康寿命を延ばす上で気をつけたいこと

身体を整えるには、当たり前に良いとされることを、しっかりと実践することが大切。
聴き慣れた話かもしれませんが、以下のような基本的なことを生活の中で心がけましょう。

適切な食生活

主食・主菜・副菜を食卓に組み込んで、バランスよく食事をしましょう。
中でも主食の糖質は多くなりがちなので、腹八分目を推奨します。

また塩分のとり過ぎは高血圧を招くため、臓器や動脈によくありません。塩分をとりすぎた場合は野菜や果物などカリウムが豊富に含まれている食事を足すことも有用です。

適切な運動

デスクワーク中心の方は、適切な運動を心がけましょう。
国連世界保健機関(WHO)は「1週間あたり150分以上の中等度の運動」を推奨しています。
中等度の運動は、少し息が上がるけれど会話できるくらいの運動のことで、具体的には筋力トレーニング、早歩き、ヨガなどが挙げられます。

充分な睡眠

睡眠不足は食生活や運動習慣とも大きな関わりがあります。
充分に睡眠をとらないことで、食欲が過剰になるホルモンが分泌されますし、そのことに起因して体重が増え、運動を避けるようになります。
睡眠は健康な体を維持する上で、いちばんの基盤になるもの。
一日のうちの1/4〜1/3の時間を占めることからも、健康寿命を延ばすことと密接に関係しています。

禁煙

タバコは数十種類の発がん性物質を含んでいます。
これらが遺伝子の情報を傷つけることにより、肺はがんになる原因に。
肺がんは血管やリンパ管に乗って全身に転移する上に、初期症状が出にくい、日本人の死因でも上位の疾患です。

またタバコの副流煙は、受動喫煙として周囲の方の健康を阻害してしまいます。

歯・口腔ケア

歯周病はさまざまな病気の原因になります。
口腔ケアの基本となることはいくつかありますが、基本は間食をしないことが大切。
また、砂糖の入っている飲み物を飲む習慣がある方は、これを控えるだけでも口腔内の状態が改善されます。

さらに唾液がでるように食べ物をよく噛むことや、キシリトールの入ったガムを噛むこともおすすめ。
定期的に予防歯科に通ってクリーニングをすることも効果的です。

まとめ

健康寿命を延ばすには、食、睡眠、運動などを管理することが大切です。
また自分の体を客観的に理解するためには、定期的に検査を行うのもいいでしょう。

未病ケアは日々の地味な取り組みですが、好きなことをしながら生活できる時間を伸ばし、ひいては将来かかる医療費を減らすことにも繋がります。
ぜひ、これをきっかけにして、未病ケアをスタートさせてみてはいかがでしょう。

こちらの記事もおすすめ

スマート脳ドック

気になる方は、即日予約・受診可能です。
30分での脳ドック検査「スマート脳ドック」

まずは空き枠を確認してみる